スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

そこまでやるから繁盛店

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。




今年最後のクライアント周りをしております。

一年生スタッフには、マメに声をかけて
困っている事や、精神的な悩みがないか確認しておりますが
皆さん頑張っている様子でひと安心。



さて、
どこのサロンもほぼ満席で
とにかく慌ただしい。


慌ただしいといっても
心地よい盛況感なので
客観的に見ていても
安心・信頼できる空間になっています。


逆に、
忙しくなると
イライラ・ピリピリが顔に出て
周りに悪影響を与えている
美容師さんもまだまだ多い美容業界。


お客様の事を 「ゲスト」 と呼んだり
いろいろと努力をしているサロンも多いけど
点と点の活動になっている現状・・・。


すべての活動がコンセプトや
美容室のウリに対して一貫性がある
必要がありますよね。(^^)


その事例として
「丁寧」 というウリのサロンでは、
そこまでやるかという事を実施しております。


この時期(12月)
少しでもお客様を早く仕上げて
機会損失を出さない事に重点を置くのが
基本ですが、


お客様にアドバイスした内容を
手書きの手紙でプレゼントしているサロンもございます。



稼働率90%オーバーで
とにかく忙しいのですが、
1分くらいで手紙を完成し

お帰りのお客様に
プレゼントしておりました。



この行動の差は大きい。
来年も記録を更新し続けるサロン出ある事は
間違いなさそうです。(^^)



美容室の経営相談 無料相談はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室 経営コンサルタント
螢ΕД屮薀鵐妊ング 代表取締役 尾崎伸也








美容師のプロ意識

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。




先日、

支援先のサロン様のWEBサイトに掲載している

企画ページの打ち合わせをさせて頂きました。

(*12月商戦に向けて、どのサロンも頑張っています!)



企画ページでは、

スタイルデザインのこだわり部分や、今季の流行など

美容師さんが

 ・どんな感性をもって

 ・どんなPOINTを意識して

 ・どんなヨロコビを提供したいか?

などなどの

(*1) 画像を見ただけでは

伝わらない部分をしっかりヒアリングして

お客様に伝える仕組みを作ります。


(*1・・・・重要な事)



この取材を

何度も、何人ものスタイリストさんに実施しているので

気付く事があります。


当然ですが、

指名売上が高い方は

どんどん言葉が出てきます。

そして、スタイル画像を何度も見ながら

細部へのこだわりや

今現在、ファッション誌などで

使われている旬なキーワードも出てくるので

どうしたらお客様に伝わるかを一緒に整理します。

実はこの過程で

ブランディングに必要な

自分の強みを明確になっていくので
(時には気付かせ)

売れる美容師が、

もっと「売れる美容師」になります。


「自分の作品を言葉で表現する」

これは、とても大変ですが

これが出来るようになると

ブランディングにもなるのです。


ちなみに

弊社 ウェブランディング の

ブランド定義は

” 自社のサービスを利用する可能性がある人から見て、
自社のサービス・製品を識別し、信頼と好意を獲得している状態”

としております。



ここまで。



―――――――――――――――――――――
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室経営コンサルタント
尾崎伸也












美容師さんブランディング!

 
いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。


午前は、

名古屋から離れたお客様の訪問のせいか

午後からの名古屋が、比較的過ごしやすかった印象です。(^^)



■□■□■□■□■□■□


「美容師さんブランディング」


美容師さんのブランディングの必要性を

強く認識している美容室経営者様が増えてきておりますね。





現在、弊社コンサルティング先でも数社も

サロンブランドディング + 個人ブランディング 

を強化しております。


ブランディングを進めていくと

どういう現象や成果になるかと言うと


★来店される紹介客が

こちら側が狙ったキーワードを含めた理由で来店していただける。


要するに一貫性を維持していく事で

来店した際の心理ギャップが無いので

お客様も安心した状態でカウセリングが出来て

担当者からの提案も通りやすく、要望やブランド要素を含んだ

スタイルに仕上げる事が出来ます。

当然、リピート率が上がります。



★スタッフが自信を持つ。

例えばですが

 「髪のケア」 関連でブランドを確立したサロンの場合は

自分達のブランドが何であるかを強く認識しているので

それに関する勉強をします。

共感するお客様が集まっているので反応も上々。

スタッフは嬉しくなって、もっともっと勉強したり

「好き」 になります。

当然、競合店とは圧倒的な差になります。


あとは、

・「チラシ類での差別化」

・「採用戦略」

・「SEO対策」

・「情報収集」

・「定着率」

などの細かい成果にも連動していきます。


今後、ますます必要な

美容師さんのブランディング!!

弊社は、

社名にも掲げているように

We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)

共にブランドを創り上げていくお手伝いをしておりますので

今後も、より一層支援内容に磨きをかけて

ビジョン目標達成のスピードを加速させていきたいと思います。





*「ブランドって何?」という方は、

ウェブランディングのブランド定義(クリック)

をご確認ください。










――――――――――――――――――――――――――
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室経営コンサルタント
尾崎伸也




ブランド定義

いつもありがとうございます。

螢ΕД屮薀鵐妊ング 尾崎です。


我社の社名は

We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)

の造語である

WeBranding(ウェブランディング) です。

コンサル会社勤務時代から

小さなお店、会社ほどブランド構築は大事だと思っておりましたので

ピッタリの社名なのですが

ウェブ業者と間違われてしまうのが課題です・・・。



さて、本題である

弊社のブランド定義をお伝えします。

ブランド:

 ”自社のサービスを利用する可能性がある人から見て、
  自社のサービス・ 製品を識別し、信頼と好意を獲得している状態”


としております。

コンサルタント、マーケッター、講師?によって表現が違うかと思いますが、弊社の定義は上記内容になります。



自社サービスを利用する可能性がある人 とは、

簡単に言うとお客様の事です。


自社のサービス・製品を識別し とは、

知ってもらい、ニーズがある時には思い出してもらえる事です。


信頼と好意を獲得している状態 とは

言葉の通りです。



この状態を本気で目指している美容室経営者の皆様と

日々奮闘しております。






ここまで。



美容室コンサルタント
尾崎伸也












1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:65 最後に更新した日:2013/11/22

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM