スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

口は達者でも、責任感がないスタッフ

 美容室経営|人材育成相談

いつもありがとうございます。
ウェブランディング尾崎です。

最近、問合せやご紹介で多い相談内容は


「口は達者なんだけど、

責任感がないスタッフが居て対応に困っている。」


この場合は

1、

本人は良かれと思って発言をして

その発言に責任をもって頑張っているが

やり方が分からなくて躓いている場合 と

  
2、

会社に要求を求めるのはいいものの、
実際に行動が出来ない。

行動出来ない理由を聞くと

「いやっそれは・・・」

とのらりくらりとその場をかわす・・・。



1の場合は、サポートしていく事で
将来幹部候補や会社にとって重要な人材になる可能性がありますが

2の場合は
いずれ

退社します。

しかも、中途入社の場合はかなりの確率で退社します。



まずは、対象者の言動を振り返り

1のパターンなのか?

2のパターンなのか?

を見極める必要があります。


1のパターンは、

一歩づつ何からやっていくか?

その為に何が必要であるかを理解してもらい

その為の行動を実践してもらい、

その行動の進捗確認をしてあげる事で、

周りに良い影響を与えられるスタッフに

育つ場合が多いです。

よくある例では、

スタッフの労働環境を向上させて欲しいという意見。

給料なのか?休日なのか? まちまちですが

その為には、

売上を●●万ベースUPする事や、次回予約を●●%獲得する事など

具体的なゴールを示しております。

そしてその為の行動も具体的な内容で。


2のパターンは

「将来どうしたいのか?」

「会社ではどんな存在になっていたいのか?」

の二人っきりで面談(POINT)をして、

会社としては、どんな存在になって欲しいかを

しっかり伝えながら

現状の貴方では、程遠い事実をしっかり伝えてあげるのが

本人の為です。

おそらく社内でもスタッフ達からは信頼もなく

自分を誇示するのにいっぱいいっぱいになっています。

そこも経営者としては

気付いている事、この現状を一緒に変えていきたい事も

しっかり伝えてあげましょう。

そして、面談の最後には

明日から、まず何をするのか?

その行動をしっかり握り合って

少しづつ行動レベルを上げていく。

階段を一歩づつ上がるような感覚で。

最初は、

「スタッフ皆に朝の挨拶などを元気よく」

などの簡単内容に設定する事が多いです。

本人が努力をしている様子があれば

良いのですが、

昨日の面談はなんだったんだ・・・

という時もあります。

実際に行動までに移すのに

少し時間がかかるスタッフもいましたが

全く行動に移せない方は

どこかのタイミングで

進退を決める面談をしたほうが

お客様、スタッフ、本人、会社の為です。



2のパターンは

中途入社で、

実力でなく、繰り上げ役職者経験者に多いので

採用時には注意しましょう。



美容室 経営 無料相談はこちら


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室 経営
螢ΕД屮薀鵐妊ング
美容室コンサルタント 尾崎伸也





1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:65 最後に更新した日:2013/11/22

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM