スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

美容室の次回予約

 美容室の次回予約

ウェブランディング
尾崎です。


年明けから

昨日まで

・合宿

・年計会議

が連発しておりましたが

来週の北九州小倉でひと段落です。(^^)

さて、
タイトルの

美容室の次回予約。

美容室の次回予約に関する記事を

メインブログに書きました。

売れる美容師のブログはこちら



現在は、
アメーバをメインに使用して
こちらのJUGEMは引っ越し案内をして
放置しておりましたが、

こちらのブログは
未だに日次で200を超えるアクセスがあるので
今回のように定期的に記事投稿をしております。・・、


----------------------------------
螢ΕД屮薀鵐妊ング
名古屋市中区錦1丁目4−16 日銀前KDビル6F
尾崎伸也

失敗を繰り返す美容室経営

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。




「失敗を繰り返す美容室経営」


ザックリですが
こんな美容室経営をされているところが
多いです。

(*セット面8面以下の単店舗で、オーナースタイリスト店舗)



1月2月は、売上が落ちるから
広告を打ってみた。



思うような成果でない
(業者が悪い)



広告は打たない
(集客に力を入れない、お金をかけない)



売上も伸びない
スタッフも育たない




3月になって
スタッフ退社で求人の相談や
過去のコンサルティング現場からの気付きです。

必ずしも 銑い領れではないですが

今回は、この流れがいくつかありました。


まず

 ,1月2月に広告。

これはタイミングが 悪い。悪すぎる。

弊社では 販促物の成功ポイントに

『タイミング』 × 『量』 × 『企画内容』

とこの3つが大事であり、3つを徹底サポートです。

1月2月は、12月に美容院に行っているお客様が大半なので

レストランでお腹いっぱいと言っているお客様に

新メニューがあります! 食べてみませんか?

と言っているようなモノである。

(*全く効果がないワケでない。)

しかも、こういうタイミングに実施するサロン程

配布部数も驚くほど少ない。。。

だから当然
 
△里茲Δ法\果が出なくて当然。


ここで、

そうか! そもそもタイミングが悪かった!

と 失敗を成長へつなげる

ステップにしたら良いのであるが

「タイミングが悪い」 = 「自分の判断ミス」

を認めたくないのが

業者が悪い = 他責 になっていまい

広告は打たない = お金を使いたくない

となっているサロンオーナーが多い。

コストマネジメントとは

使うお金を減らす事でなくコスト削減でなく

「適切な対策にお金、時間、労力などを意図的に使う事」 

である。


つまり、失敗を繰り返す

美容室経営になるのは

このの部分の考え方によって

今後が大きく変わる事が分かると思います。


実際に

弊社のコンサルティングを始めた

サロン様が

この 銑い法仝事にハマリそうであったが

幸い△良分で出会えたので

をしっかり伝えて

「また失敗したらどうしょう・・」

という不安は残るなか

この春商戦には、 

1月2月以上の販促費を投入してもらいます。

この決断が出来た事は大きいと思います。





売上も伸びない
スタッフも育たない

ですが、
会社として、スタッフの人生を預かるオーナーとして
精一杯のサポートをしても
伸びないスタッフもいると思います。

しかし、
だからと言って放任しても現状は変わらない。

育成方法を工夫したり
切り口を変えたりと日々の工夫によって
売上拡大につなげております。


失敗を繰り返す美容室経営は

スタッフの為にも良くなく
お客様の為にも良くありませんよね。





ここまで。



美容室経営 無料相談


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室経営
螢ΕД屮薀鵐妊ング
美容室コンサルタント尾崎伸也







美容室 経営|春商戦突入!

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。


東海エリアでは

今週の水曜日くらいから

日中で春を感じれるようになり

予約も埋まりだし

春商戦に突入です。


繁盛サロンは

中旬くらいから予約がいっぱいになっており

10日〜1週間早く、春商戦に入っております。


お気付きの方もいると思いますが

この10日〜1週間の差は大きい

当然サイクルが短縮されている事で

年間利用回数が増えますが

それと同時くらいに大きなメリットは

3月4月に新規客を受け入れる枠を確保できる事。


繁盛サロンの課題の一つは

予約枠が無くて困っています。

せっかくの新規客や

いつも通っていただいているのですが

予約の習慣化がないお客様を

お断りしてしまう事になっております。


非常に もったいない というか

お客様の期待を裏切ってしまう事なので

この機会損失には

僕はめちゃくちゃウルサイです。



ちなみに

お断り人数をカウントして平均客単価を掛けて

月間でどれだけ機会損失をしているか?

お金で見せた方が組織浸透が早いサロンもありました。(^^)




ここまで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室 経営 無料相談

螢ΕД屮薀鵐妊ング 
美容室コンサルタント 尾崎伸也




美容室経営|2月の過ごし方

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。



1月度は

2011年度の計画会議への

同席参加や、作成フォローが多い時期でした。




2月度は、

その計画の土台をさらにブラシアップさせ

3月4月の春商戦へ挑みます。



また

1月度に引き続き

2月度は、美容業界での

スタッフのきが多い時期です。


弊社で管理している

お客様の採用専用サイトのアクセスも毎年増えていますし、


美容師求人ナビという

美容師に特化した求人ポータルサイトも同様に

アクセスアップしております。


応募していくる美容師さん達の多くは

昨年12月で働いていた美容室を退社され

3月下旬までには再就職先を探そうしております。


これらの事から

スタッフ募集をしているサロン様は

求職者へ向けての

対策も強化する時期でもあります。


具体的には

ホームページの採用情報の更新や

ブログなどで求職者に響きやすい情報の公開です。

会社によって

理念・ビジョン・コンセプトが違うので

どんな情報が良いかは一概に言えませんが

簡単に言うと

アットホームというコンセプトなら

スタッフ同士で食事会をしている様子などです。

(*今の時代 アットホームだけのコンセプトは厳しいです。)



最後に

サロン見学に来た方には

採用者向けの 会社案内 をお渡ししましょうね。

見学だけでは伝わらない事を

知ってもらう為です。



面白い事に

見学に来た美容師さんの友達が

会社案内を持ってサロン見学、そして入社・・・というパターンもあります。(^^)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室 経営
螢ΕД屮薀鵐妊ング
美容室経営コンサルタント 尾崎伸也




















計画書って・・・?

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。



弊社は

三河美容師求人ナビ という

美容師さんの求人サイト

運営をしているので


コンサルティング先以外の

オーナー様や、スタッフさんにお会いする事が多いです。


雑談の中で

美容室経営のお話になる事もあるのですが

この1月度は

美容室の経営計画についての話が

連続でありました。



「計画書を作っても、作って終わってしまう・・・。」


こんな悩みです。



雑談の中で出てきた話なので

問題の中の課題まで深堀できませんでしたが

おそらく、

進捗確認する仕組みであったり

ホウ・レン・ソウ

各役職者間で出来ていないのだと思います。




捗確認の組みの一つとして

月の???ミーティングでは

計画書を全員で確認する!!

などルールを決めるのも1つの手ですね。


幹部・リーダー・オーナーは

常時確認というか、直近の事は

頭に入っているのが基本ですね。


弊社コンサルティング先も
1月度は計画書作りが多いです。
(*4月スタートにむけて)







美容室経営の無料相談
弊社ホームページまで。
(文字をクリック)



ここまで。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室経営コンサルタント
尾崎伸也








技術スピードをあげる風土

美容室経営コンサルタントblogへ
いつもありがとうございます。
ウェブランディング尾崎です。


12月は
すべての美容室の課題
技術スピードお仕上げ時間厳守があると思います。


技術スピードUP、お仕上げ時間厳守する為には


.好織奪婀屬任了間チームワークの向上

▲譽奪好鵑砲茲觝本技術スキルスピードUP


の2つに分かれます。


,瞭睛討蓮

隠語であったり、予約表記入方法、予約表共有方法、電話対応のルール、ヘルプの基準、予備枠確保のルール、遅れ対策、などなど日々皆さんが終礼で話し合っているような事だと思います。

△離譽奪好鵑任垢、

これは美容室の風土によって大きく差があります。
朝のレッスンのみの美容室もあれば
全体レッスンは月に2回であとは自主練習。
逆に月に40時間のレッスンを目安としている美容室もある。

会社のルールや風土も大切であるが、
時間を見つけてはレッスンをするような
風土がある美容室が素敵だと思います。


先日、
サロンミーティングが22時に終了したにも関わらず

終電までの1時間で
長テーブルを持ちだして練習を始めるアシスタントがいました。

美容師 レッスン

タイムを計っていたので
おそらくカリキュラムのタイム合格にむけて
頑張っていたのだと思います。


まさに

時間を見つけては練習をする風土が
出来上がっている美容室でした。


こういった風土がある美容室は
当然先輩方の技術レベルも高く
時間遅れも少ないので

予約枠を有効に使っています。
朝一番から予約を誘導しているので
美容室で一番の機会損失である

「お断り」 が少なく済みます。


複合メニューのお仕上げが他社より早いので
受け入れ可能枠数が月間で言えば数十枠を多い事になります。


上記の事から


会社としてのレッスンルールを作りながらも
時間を見つけてはレッスンする社内風土を
作っていきたいですよね!







美容室経営の12月

美容室経営の12月。
 
いつもありがとうございます。

ウェブランディング
尾崎です。



ついに12月ですね。

”今年一年の成果を存分に発揮する月”

と定義しているサロン様も多いと思いますが

弊社クライアントでは

”今年一番成長できるチャンスの月”

と定義しています。

12月という月を

どう定義してどう過ごすか

で 来年の春商戦が決まって

来年の上半期の売上も決まります。(断言)


事実

弊社クライアントで
昨年の12月に目標未達成で
大きく凹んだサロンがありました。

グループ店は 28日、29日の時点で

予約状況からすでに
目標達成が確定したので
報告メールを全店に
意図的に回すように指示していたので
心境は穏やかでなかったと思います。


そのサロンが
今年は大きく成長しています。

去年の12月に成長するはずだった分を
今年で上乗せして取り戻したからです。


参考になれば
12月の月初会議で
お伝え下さい。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

運営サイト 美容室経営 成功例

美容室経営コンサルタント
尾崎伸也




美容専門学校での会社説明の後には・・

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。



美容室の
求人活動は、
年々厳しくなっております。



求人対策に特化して
コンサルティングをしている
美容室さんもあるくらいです。




さて、タイトルの

「美容専門学校での会社説明会の後には・・・」


ですが、


会社説明会の後には


人気だった会社(美容室)の調査をしろ!


です。


人気なのには理由(ワケ)があります。


生徒にウケる理由があるのです。



一番良いのは、会社の説明を聞いたり

スタッフと接触する事ですが、

なかなか出来ないので

・ホームページの「採用について」 を閲覧する。

・会社案内を手に入れる

などでも収穫はあります。

真似をして、

週休2日にしろ、社会保険に加入しろ、給料を上げろ、

とかではなく、どんな情報をどうやって伝えているか?

そんな視点をもって欲しいのです。



なぜなら

集客にも同じ事が言えるからです。



今度の会社説明会では

席を立って、


人気の会社を発見してくださいね!






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)


美容室経営コンサルタント
尾崎伸也





美容専門学校就職ガイダンス対策

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。


明日は、
お客様のサロン様が
美容室の就職ガイダンスに
参加いたします。


僕も同行サポートする
コンサルティングメニューなので
現場に行って

生徒の生の声

を収集して参ります。


何度か、
美容専門学校の
就職ガイダンスには
参加させてもらっていますが


対策が出来ていないサロン様は
現場でとても悲惨な状況になっています。


ブースに生徒が来ないのであれば

強烈な危機感

を持って当然なのですが
ブース担当者は携帯をいじっている・・・

よっぽど採用に困っていないのかな?

と思えるサロン様が数社あります。



多くの生徒は

自分が成長できそうな美容室を

本気で探しています。

生徒に対して、

会社説明をさせていただく機会をくれた学校に対しても

最低限の姿勢は大事だと思います。



明日は、
クライアント企業の未来のスタッフに会いに行く!

そんな気持ちで頑張っていきたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)


美容室経営コンサルタント
尾崎伸也









経営者が持つ視点

 いつもありがとうございます。

ウェブランディング尾崎です。




■メインコンテンツ

 経営者が持つ視点


多くのサロン経営者に会っていて

いつも思う事があります。

経営が順調なサロンオーナー様は

「売上〜〜〜円だった」

「利益が〜〜〜円だった」

という結果でなく

「いつでも売上を上げれるスタッフやサロンを作れる」

という 状況 作り に

集中しております。


結果を出す事ももちろん大事であるが

継続的な成果にならない

結果の出し方もある。



私が思うのは

美容室経営の原理原則である

リピート客が増え続ける状態 =

「いつもで売上げを上げれるサロンの状態」

だと思います。


その為の重点指標である 「再来率」 が

曖昧なサロン様がまだまだ多い様子です。

再来率の

・総合再来率

・固定再来率

・二回目から三回目再来率

・新規再来率

この4つ数値は

最近のポスメーカーであれば

把握できるので

毎月しっかり確認していくと良いです。

ちなみに

弊社コンサルティング先では

当月含む4ヶ月を測定基準としています。

当月含む3ヶ月目でも測定して

残り一ヶ月でどれだけサイクル遅れ客を

リピートできるか? そんな測定方法なども

スタイリストに伝達する事で

サイクル遅れ対策や、次回の提案の仕方に

変化があり、結果が変わっていっています。


上記の事を

経営システム的に言うと

「測定時期のタイミングの設定」

という事になります。

いつ測定するかによって仕組みが変わるのです。(^^)


ここまで。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We(私達と)+Branding(ブランド作りをしましょう)
=WeBranding(ウェブランディング)

美容室経営コンサルタント
尾崎伸也











calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:65 最後に更新した日:2013/11/22

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM